« SHIMOHONCHO QUARTET第1回演奏会のご案内(2017.1.22) | トップページ | 第7回新潟クラシックストリートのご案内 »

SHIMOHONCHO QUARTET第1回演奏会終了(2017.1.22)

遅くなりましたが、SHIMOHONCHO QUARTET第1回演奏会の報告です。

~SHIMOHONCHO QUARTET第1回演奏会~
日時:2017年1月22日(日)14:00開演
会場:だいしホール(新潟市中央区)
出演:SHIMOHONCHO QUARTET
   クラリネット 高橋光江、高橋正紀
   箏      奥村京子
   ピアノ    山際規子

曲目:
・春の海(宮城道雄)
・クラリネットとオーケストラのための「ロマンス」(R.Strauss)
・BLOOM(松本英明)
・月夜の古城(伊藤エイミーまどか)
・White Forest(水川寿也)
・「アルルの女」組曲(ビゼー/高橋正紀)
  前奏曲
  メヌエット
  アダージェット
  カリヨン
  パストラール
  間奏曲
  メヌエット
  ファランドール

15875585_1264445593634271_392646765

SHIMOHONCHO QUARTETも最初の演奏会が2012年12月でしたので結成約4年で初の「定期演奏会」の開催でした。4人でやろう!と決めたのが昨年5月初旬の新潟クラシックストリート出演の打ち上げの席でしたが、そこから約8ヶ月間長かったような短かったような。。第1回ということもあり全て手探りの状態ではじまり、まずは会場確保にはじまり選曲、助成及び後援の申請、チラシとチケットの作成、プレイガイドへの依頼、著作権料申請、そして種々の準備とバタバタと過ぎていきました。ご支援ご協力いただいた全ての方へ感謝します。また一緒に頑張っていったメンバーのみなさんお疲れ様でした。
自主公演としては年2回のペースでアマチュアオーケストラの長岡交響楽団の演奏会が、そして毎年3月に県内クラリネット奏者が集まっての「クラコン」を開催していますが、前者は運営がしっかりしており個々への負担は少なく、また後者無料公演なので割と楽に出来るんですが、今回はいろんなことが多く本当に大変でした。自主公演の辛さを感じました。でも、演奏会が終わってその辛さを遥かに上回る充実感が残り、やはりこのために頑張ってきたんだなと感じると感慨深いものがあります。

演奏の方は前半の「ロマンス」「月夜の古城」「White Forest」の3曲と全員で演奏した「アルルの女」に出演しました。

ロマンスは2回目の演奏、前回は新潟市中央区のクラシックCDショップ「コンチェルト」のうちわコンサートにてでした。前回は前々から一度演奏したかったこの曲がやっと演奏出来るという喜びの方が先であまり細かいところまで入らなかったのですが、今回はかなり細かいところまで合わせていきましてとても勉強になりそしてこの曲を15歳(!)で書いたリヒャルト・シュトラウスの早熟さにもびっくりして。今回の曲では一番「クラシック音楽の王道」を行く曲でした。

月夜の古城は元々が尺八+箏+ピアノの三重奏の曲で、今回尺八パートをクラリネットが担当しました。曲の雰囲気が尺八にぴったりマッチしてるので逆にクラリネットな雰囲気をどう消せるかが課題でした。最初は普通にクラリネットらしい吹き方をしていたのですが、本番近くなって吹き方を変えたんですがそれがよかったようです(^_^)

White Forestは大きな演奏会では3回目の演奏になります。でも、今回はまた一からの曲作りでした。そのためか今回いい曲に仕上がったと思います。これでこの曲は一区切りになりますが、また機会を見てやってみたいと思います。

そして後半の「アルルの女」組曲。この曲の編曲を行ったのは5月くらいでした。非常に気持ちが乗っている時期で一気に8曲書き上げた記憶があります。いつもながら「クラシック音楽に箏をどうマッチさせるか」がポイントになります。今回も非常にいい形になったのではと思います。また、今回はピアノをかなり効果的に使うことが出来まして、メロディーの分散化がうまく図れたのも大きかったかも。あえてチラシやプログラムにも編曲者の名前を載せてもらいましたが、自信作を世に送れてうれしかったです。

アンコールには何と「情熱大陸」を演奏しました。これは元々相方がやりたい!と言っていて、どう考えても無理でしょーって言ってたのですが、ふっと「原曲のイメージを捨てて楽譜から曲を創っていこう」と考えたらすーっといけましたね。メンバーからはちょっとアレンジへの抵抗もありましたが(苦笑)、でもこれまた効果的に演奏できたと思います。

集客の方も第1回とのことで少なめに予想していたのですが、いやいやたくさんの方に来ていただけました。本当にうれしいですね。次回は目指せ満席!次はプレイガイドとか広報ももっと考えていきたいと思います。


そんな感じで演奏会が終わって5日目、まだまだ余韻が猛烈な疲れと共に残ってます。本当に大変だったんだなと改めて感じています。メンバー内ではまた来年あたりに第2回演奏会をやろうと話をしています。昨日も聞きに行ったコンサートで「先日はありがとうございました」とお客様に挨拶されてびっくり。私が出演したコンサートじゃないし私服だし。でもそうやって認知度が高くなってるのはうれしいですね。

※聞きに来られた方の感想ブログ
Shimohoncho Quartet 第1回演奏会(いちかっこ ジョバンニのクロソイドダイアリー)
元気をありがとう!(飯田万里子の「 いいんだ まりこ!」)

|

« SHIMOHONCHO QUARTET第1回演奏会のご案内(2017.1.22) | トップページ | 第7回新潟クラシックストリートのご案内 »

Clarinet」カテゴリの記事

アンサンブル」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/64816098

この記事へのトラックバック一覧です: SHIMOHONCHO QUARTET第1回演奏会終了(2017.1.22):

« SHIMOHONCHO QUARTET第1回演奏会のご案内(2017.1.22) | トップページ | 第7回新潟クラシックストリートのご案内 »