« 白鳥さんこんにちは | トップページ | タレかつ丼を久々に »

長岡交響楽団第50回記念定期演奏会(2009.10.31)

長岡交響楽団第50回定期リハーサル風景
長岡交響楽団第50回定期リハーサル風景 posted by (C)Daa

~長岡交響楽団第50回記念定期演奏会~
日時:2009年10月31日(土) 18:30開演
会場:長岡リリックホール コンサートホール(長岡市)

指揮:横島勝人
チェロ:林峰男

曲目:
歌劇「どろぼうかささぎ」序曲(Rossini)
交響曲第7番イ長調Op.92(Beethoven)
チェロ協奏曲ロ短調Op.104(Dvorak)
アンコール:鳥の歌(Casals)
アンコール:スラブ舞曲第8番(Dvorak)

1971年に現在の形になり創設という形になった我が長岡交響楽団も「定期演奏会」という名前で行っていた演奏会がついに50回に達成しました。まあ通常のオケの場合は定期演奏会は必ず年1回とか2回とか決まってるかと思いますが、我が長岡交響楽団の場合は第九や市主催のコンサートなどで定演級のものについては定演の番号はつけずに行ってますので、38年で50回という中途半端なカウントになっています(実際エキストラの方にも今回「25周年なんですか?」と聞かれました)。今回は第1回定期演奏会からの全定期演奏会+定演級演奏会(県民コンサート、第九、オペラなど)の詳細をプログラムに掲載しましたけど、いろんな曲をやってますねぇ。懐かしく見てました。

さて、演奏の方ですが、いろんな方の感想を聞くと「弦楽器がすごかった」との意見が。確かに弦楽器はとてもすごい演奏でしたね。でも、プログラムを見ると。。「あれ?エキストラが多い」。。ということで、エキストラの方々がぐいぐい引っ張ってたんですね(T_T)特にヴァイオリンは今非常に人数が少ないからなぁ。。何とか人数が増えてほしいと思う今日この頃。この記事を見てオケで弾いてみたいと思われた中越地方在住の方はぜひ(^_^)

私の方は今回はBeethovenの1stクラと、Dvorakの2ndクラをやりました。クラリネットは今回の出演が3名ということで完全ローテーションでアシなしの「1曲1st、1曲2nd、1曲降り」という態勢で臨みました。この組合せって実は意外と大変で。でもそれぞれがしっかり自分の役割を果たせたかな?と思ってます。私自身はBeethovenは2000年以来でしたが、ちゃんとやれたかなぁ。さすがに9年前よりは体力が落ちてまして、その分「円熟味」で勝負したつもりでしたが(苦笑)。録音を聞いてからかな。Dvorakはとっても難曲でしたが、1stの相方を助けつつ自分の役割はしっかりと果たせたと思います。

次回は来年6月になりますが、まだ曲が決まっていません。。どうなるかなぁ。

参考:
長岡交響楽団 第50回記念定期演奏会。(コンチェルト2号感動の毎日)
長岡交響楽団 第50回記念定期演奏会(ボルボ・カーズ長岡 スタッフブログ)
新潟へo(^-^)o(ユッピーホッピ-2009)

|

« 白鳥さんこんにちは | トップページ | タレかつ丼を久々に »

オーケストラ」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

長岡交響楽団」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/46656868

この記事へのトラックバック一覧です: 長岡交響楽団第50回記念定期演奏会(2009.10.31):

« 白鳥さんこんにちは | トップページ | タレかつ丼を久々に »