« 突然死に注意 | トップページ | 定例東京出張終了間近?! »

山形交響楽団新潟公演(2009.7.5)

山形交響楽団新潟演奏会シーティング
山形交響楽団新潟演奏会シーティング posted by (C)Daa

新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で開催された山形交響楽団の演奏会に行って来ました。

<東響定期+α 日本のオーケストラシリーズ1> ~山形交響楽団演奏会~
日時:2009年7月5日16:00~
会場:新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)コンサートホール

曲目:
・歌劇「魔笛」序曲KV.620(Mozart)
・交響曲 ヘ長調 KV.76(Mozart)
・交響曲第4番変ホ長調「ロマンチック」ハース版(Bruckner)
指揮:飯森範親

今年から、東京交響楽団新潟定期会員への特典として、「東響定期+α 日本のオーケストラシリーズ」と題して地方のオーケストラを招聘しての演奏会を東響新潟定期と同じ席で聞けるというシリーズがはじまりました。その第1回として「隣の県だが何か遠い」山形県山形市を本拠にしている山形交響楽団を招いての演奏会が開催されました。

プレトークで「Mozartの2曲は金管楽器はピリオド楽器でやる」と飯森さんから話があり、実際の音色の違いなどを聞かせてくれました。あとはフルートも木製の楽器(キー配置は現代のですが)を使ってましたが、残りの木管は現代の楽器そのままだったなぁ(^_^;)まあ金管だけ違っても結構音色は変わるのでそれで良しではあるんですが。
後半のブルックナーは「小編成での演奏」ということで、弦楽器は10-10-6-6-4という編成でしたね。初演あたりはこういう編成だったみたいですね。編成だけだと我が長岡交響楽団の本番での編成とあまり変わらないなぁ。でもその小編成でりゅーとぴあを鳴らしきった演奏、すばらしかったです。特に金管楽器よかったですね。ブラボーでした。

そうそう、相方の独身時代の知り合いがエキストラで乗ってました。相方に「メールアドレスとか分かるの?」と聞いたら分からないとのこと。事前に来るって分かってれば挨拶に行ったんですけどね。しょうがないですね。向こうも我々が聞きに来てると思ってなかったかもですし。

演奏終了後は飯森さんから「山形も食べ物もおいしいし、温泉もあるし、お酒もおいしいし、『隣県だが行くのは大変なのは知ってるが』、是非新潟の方々も山形に来てくださいね」とのお言葉が。そうなんですよね。結構行くの大変なんですよね。隣の県なんですが。。仕事で山形県に少し入ったあたりにたまーに行きますが、半日がかりになりますしね。そのうち山ヒルも聞きに行きたいと思ってますが、いつになるか。。

今回山形交響楽団の演奏を聞いて、大編成でなくても大曲はやれるんだなと自信が沸きました(^_^)まあうちの場合は実力が伴ってませんが。。そのうち長岡でブルックナーとかやりたいですね(実は大昔一度やってるんですが、まあそれは忘れて)。

|

« 突然死に注意 | トップページ | 定例東京出張終了間近?! »

オーケストラ」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/45549633

この記事へのトラックバック一覧です: 山形交響楽団新潟公演(2009.7.5):

« 突然死に注意 | トップページ | 定例東京出張終了間近?! »