« JR長岡駅新幹線コンコースのオブジェ?! | トップページ | 日本海東北道が村上市へ延びます »

東京交響楽団第53回新潟定期演奏会(2009.4.19)

東京交響楽団第53回新潟定期セッティング
東京交響楽団第53回新潟定期セッティング posted by (C)Daa

新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で開催された東京交響楽団の第53回新潟定期演奏会に行って来ました。

~東京交響楽団第53回新潟定期演奏会~
日時:2009年4月19日17:00~
会場:新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)コンサートホール

曲目:
・序曲「静かな海と楽しい航海」Op.27(Mendelssohn)
・交響曲第1番ハ長調Op.21(Beethoven)
・交響曲第4番ホ短調Op.98(Brahms)
アンコール:
指揮:ニコラ・ルイゾッティ
コンサートマスター:大谷康子

2009年度の東京交響楽団新潟定期もいよいよスタート、今回は4月最初のサントリーホールでの演奏会と同じプログラムで、ニコラ・ルイゾッティ氏の東京交響楽団首席客演指揮者就任を記念してのお披露目演奏会でした。
客の入りは7割程度でしたでしょうか。プログラム的には地味でしたからねぇ。でも、プログラムは地味でも演奏はとても熱かった!まさにイタリア人指揮者らしい「情熱の演奏」でした。

最初のメンデルスゾーンはまだそうでもなかったのですが、2曲目のベートーヴェンや休憩後のブラームスはオケがうなるうなる(^_^;)特に弦楽器はなんか呪縛から解き放たれたような演奏でしたね。東京交響楽団の新たな姿を見た気がします。ブラームスの4楽章なんかはシャコンヌの各変奏ごとにテンポを全て変えてきましたね。やった経験からするとテンポが変わるところは数箇所だったと思うので、曲をよく研究して細かいところも気を使ってましたね。まあ「ブラームスはこうじゃないと」というこだわりのある方には難しい演奏だったかも。でも、一般的なお客様には好まれる演奏だったのではないでしょうか。

クラリネットは1stが十亀さん、2ndが近藤さんでした。十亀さんの演奏も相変わらずいいですね。ブラ4の2楽章のソロなんかもブラボーでした。そうそう、ソロといえばブラ4の4楽章のフルートソロは「スイッチオン」な感じですごかったです。

次回は6月14日になります。

他の方の記事:
東京交響楽団 第53回新潟定期演奏会(ordinary life)
東京交響楽団 第53回新潟定期演奏会(コンチェルト2号感動の毎日)

|

« JR長岡駅新幹線コンコースのオブジェ?! | トップページ | 日本海東北道が村上市へ延びます »

オーケストラ」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/44753864

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団第53回新潟定期演奏会(2009.4.19):

« JR長岡駅新幹線コンコースのオブジェ?! | トップページ | 日本海東北道が村上市へ延びます »