« 新潟弁の聞ける自動販売機 | トップページ | 越後大島駅付近の国道290号線 »

紅葉前の赤芝峡

赤芝峡その1
赤芝峡その1 posted by (C)Daa

今日は久々に国道113号線を走って山形県内へ。思ったより仕事が早く終わったこともあり帰りに前回あまり見れなかった赤芝峡を見に行きました。

赤芝峡はこちら。
赤芝峡
村上市で日本海に流れる荒川を上流に行き(国道113号線が川沿いに走ってます)、山形県西置賜郡小国町に入って割とすぐにあります渓谷です。国道113号及びJR米坂線が脇に走ってますので、場所によっては車や列車からも眺めることが出来ます。

この赤芝峡は紅葉で有名です。渓谷が赤く色づき、水面にその赤い色が映って。。おお、きれいに見れそうだなぁ。でも、紅葉にはまだ早く。。なので、写真もたくさん撮りましたが、ちょっと物足りないかも。でもとてもきれいでしたよー。

赤芝峡のメイン部分へは国道113号線から脇に入ったところに車を停めて歩く必要があります。以前はJR米坂線の玉川口駅が近くにあったのですが、駅が廃止になってしまいました。。バスも通ってないので車以外で来るのは難しいかな?

赤芝峡への入口は新潟側から来た場合は山形県に入って2つ目のトンネル(1つ目はスノーシェッド兼用です)に入る直前、左手に公衆電話ボックスが見えたらその脇から細い道に入った先に駐車場があります。反対南陽市側から来た場合は道の駅白い森おぐにを越え、大きな「赤芝峡」の看板を眺めつつ橋を渡り、トンネルの入口が見えたら直前で右の細い道に入った先に駐車場があります。どちらも国道と駐車場の間の道はすれ違い不可能な細さですので要注意!

駐車場の脇、遊歩道の入口(舗装されていますが車止めあり)にこのような案内看板があります。

赤芝峡の案内看板
赤芝峡の案内看板 posted by (C)Daa

案内看板付近からはJR米坂線がとてもよく見れます。

赤芝峡を越える米坂線その1
赤芝峡を越える米坂線その1 posted by (C)Daa

こちらは小国側入口から見た米坂線。

赤芝峡を越える米坂線その2
赤芝峡を越える米坂線その2 posted by (C)Daa

こちらは村上側入口から見た米坂線。ともに赤芝峡を橋で渡ってからそのままトンネルに入ってます。

米坂線遭難事故の慰霊碑
米坂線遭難事故の慰霊碑 posted by (C)Daa

村上側入口にはこのような慰霊碑がありました。碑文を読むと「昭和15年8時45分に大雪崩があり、下り混合103列車が遭難し死者15名を数えた」旨の記述があります。以下の記事を見ると行方不明20名、負傷27名ということで、乗客数を考えると本当に大事故だったのが分かります。
昭和ラプソディ(昭和15年・上)-誰か昭和を想わざる

赤芝峡を走る米坂線列車
赤芝峡を走る米坂線列車 posted by (C)Daa

その慰霊碑の脇を米坂線のディーゼル列車が走っていきました。この区間は現在1日6往復しから走らないので貴重な?写真ですね。

赤芝峡その2
赤芝峡その2 posted by (C)Daa

赤芝峡はこのような切り立った崖の下にゆったりと荒川の流れがあるという渓谷です。このような感じで渓谷が広がってます。

赤芝峡その3
赤芝峡その3 posted by (C)Daa

もう1枚渓谷の様子を。紅葉時期に来たら本当にきれいなんだろうなぁ。。

赤芝峡に流れる滝
赤芝峡に流れる滝 posted by (C)Daa

赤芝峡にはいくつか沢があります。その中の1つの沢です。滝になってますね。

金堀沢
金堀沢 posted by (C)Daa

金堀沢という名前の沢だそうです。他に水量の多い沢もありましたが、コンクリートで滝の部分を改修したりしてました。。しょうがないんでしょうけどちょっと興ざめ。

赤芝峡に流れこむ水
赤芝峡に流れこむ水 posted by (C)Daa

遊歩道から下の方、荒川に流れていく沢の水です。ここは案内看板にある「大石沢」の下にある「遊歩道」のところです。脇に「自然広場」ともあるので広場があるかと思ったら。。遊歩道は少し崩れかけていて、自然広場は背の高いススキなどが生い茂ってて広場の原型ほぼとどめていませんでした。。

紅葉の時期は10月末~11月前半だそうです。気になるところですね。その辺りにまた来れるかなぁ。。

村上側の国道との分岐のところにあった案内看板。。ですが、これじゃあ「案内」無理ですよね。私も最初存在に分かりませんでした。

交通の便が悪いためにちょっと行きづらいですが、本当にきれいなところなのでみなさん機会があればぜひ。

参考:
JR米坂線小国駅(当Blog)
山形県小国町役場
小国町観光協会
米坂線Club
米坂線整備促進期成同盟会
米坂線情報(JR東日本)

本記事はトラックバックピープル「山形ピープル」にトラックバックしています

|

« 新潟弁の聞ける自動販売機 | トップページ | 越後大島駅付近の国道290号線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Daaさん、こんにちは。
訪問&コメントありがとうございました!

昨日の赤芝峡事件(!)の後、色々調べていたら、
私も偶然、このDaaさんのブログがヒットして、
明らかに自分が間違いだった…の確認に至ったのでした(泣)。

赤芝峡、すごくきれいですね!
やっぱりもう一度行かなくては!

今後もよろしくお願いしますwink

P.S.
私きっと、どこかでお会いしてますよね♪
現場でニアミス?!

投稿: shoko | 2008.10.22 09:25

shokoさん:
おお、こちらにもコメントありがとうございます。
そうなんですよ、私も1回目はあのでかい看板に騙されて?工事現場の方に行ってしまいました。まあそこはそこで駐車場の脇にある階段(多分立ち入り禁止)を下りると渓谷に行くみたいですけどね。

そうそう、実は一瞬お会いしたことありますよ。フルートのyasukoさんと一緒に演奏されてた県政記念館のコンサート聞きに行ってます(^_^)
またそのうちぜひ演奏も聴きに行かせてくださいねー。あと赤芝峡もぜひリベンジを。

投稿: Daa | 2008.10.22 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/42738898

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉前の赤芝峡:

« 新潟弁の聞ける自動販売機 | トップページ | 越後大島駅付近の国道290号線 »