« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

長岡交響楽団第48回定期演奏会(2008.5.24)

長岡交響楽団第48回定期演奏会
長岡交響楽団第48回定期演奏会 posted by (C)Daa

長岡交響楽団の定演無事に終わりました~。疲れたー。報告です。

~大光ツインスマイルコンサート~
~長岡交響楽団第48回定期演奏会~
日時:2008年5月24日(土) 18:30~
会場:長岡リリックホール コンサートホール(長岡市)

曲目:

・劇音楽「マンフレッド」序曲 Op.115(Schumann)
・ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 Op.73「皇帝」(Beethoven)
・交響曲第3番 変ホ長調 Op.97「ライン」(Schumann)

指揮:磯部 省吾
ピアノ:星智子

アンコール:
・組曲「子供の領分」から「グラドゥス・アド・パルナッムス博士」(Debussy)
・ピアノソナタ第8番ハ短調Op.13「悲愴」より第2楽章(Beethoven) - オケ付オリジナルアレンジ

続きを読む "長岡交響楽団第48回定期演奏会(2008.5.24)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

体のスイッチ

最近、平日は帰宅時間に関わらず帰宅後割と早いタイミングで体のスイッチが切れてしまい猛烈な眠気が。。負けてしまい居間でごろんとするのもしばしばあります。

睡眠時間はそれなりに確保してるんですけどね。寝てる時に夢を見るのが多いですが、仕事で苦労してる夢を見るのが多いので朝起きたら疲れてることも多く、そういうのも原因の一つかなぁ。

今週末に長岡交響楽団の定演があり、オケが一段落します。またすぐ次が始まるんですけどね。でも気持ち的には少し落ち着くかな。
あとは仕事が落ち着かないとかなぁ。。でも当分無いな(′_`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひよ子もなか

12日月曜日に日帰りで東京に出張しました。その際に買ったお土産です。東京駅限定で1日30箱のみ販売しているようです。

ひよ子もなかの箱
ひよ子もなかの箱 posted by (C)Daa

銘菓「ひよ子もなか」です。黒い箱がなんか高級感を出してますね。

ひよ子もなか
ひよ子もなか posted by (C)Daa

中から取り出してみました。黒いパッケージと白いパッケージがありますね。各4個入りです。

ひよ子もなか
ひよ子もなか posted by (C)Daa

パッケージを開けたらこんな感じ。あの「ひよ子」の形がそのまま最中になってますね。ちなみに下の白い部分はお皿もどき?になってます。型崩れを防ぐためかな。

中は黒いパッケージはつぶあん、白いパッケージは白あんで、それぞれ求肥が入ってます。なんか違った感じでとてもおいしかったです。

ぜひぜひお勧めのお土産です。東京駅の中で販売してるのでぜひ探してみてくださーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とよさかダチョウファーム

とよさかダチョウファームはここですよー
とよさかダチョウファームはここですよー posted by (C)Daa

先日、新潟市北区の国道7号新々バイパス上にある「道の駅豊栄」の裏手にある「とよさかダチョウファーム」を少し眺めてきました。道の駅豊栄は日本で初めて一般道路上に設置されたパーキングエリアで、道の駅の発祥の地です。そんなこともあって、地元では「豊栄パーキングエリア」と道の駅になる前の呼び名で呼ばれることも多いです。

とよさかダチョウファームの場所はこちらです。

とよさかダチョウファーム

この「とよさかダチョウファーム」では、ダチョウが放し飼いにされています。道の駅の売店でえさが100円で売っていましてそれをひしゃくに入れて(直接手渡しでは危ないため)、ダチョウに食べさせることも出来ます。

ダチョウがお迎え
ダチョウがお迎え posted by (C)Daa

私が行った時は平日の午前中ということもあり見てる人は皆無。そんなこともあってダチョウはのんびりとしてました。が、カメラを構えて撮影をしていると、太陽に反射して光ったりしてたのでダチョウがどんどん私のもとへ近づいてきました。なんか怖かったです。。あまり近くで見ると襲われたりすることもあるようなので少し離れた位置でぜひ一度。

道の駅豊栄
豊栄パーキングエリア(観光協会とよさか21)
北陸・道の駅「豊栄」
道の駅豊栄(Wikipedia)

本記事はトラックバックピープル「新潟」にトラックバックしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟室内合奏団第55回定期演奏会(2008.5.10)

開演前にステージを見る

昨日、新潟市音楽文化会館で開催された新潟室内合奏団の定期演奏会に行ってきました。

~新潟室内合奏団第55回定期演奏会~
日時:2008年5月10日19:00~
会場:新潟市音楽文化会館ホール

曲目:
・歌劇「アルジェのイタリア女」序曲(Rossini)
・クラリネット協奏曲イ長調 KV.622(Mozart)
・交響曲第1番 ハ長調 Op.21(Beethoven)

指揮:高橋 裕之
クラリネット:五十嵐 美香

アンコール:組曲「ペレアスとメリザンド」より「パストラーレ(Faure)

続きを読む "新潟室内合奏団第55回定期演奏会(2008.5.10)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BlogPeople PEOPLE 「新潟」 作成しました

BlogPeopleがはじめた新しいサービス、"BlogPeople PEOPLE"に先ほど新しく「新潟」を作成しました。

BlogPeople PEOPLE「新潟」ページ

これは、トラックバックピープルと似ていますが、トラックバックを送る処理をするのではなく、本サービスに登録してあるブログで関連記事を書いた場合無条件に収集して一覧に表示してくれるというありがたいサービスです。

みなさん、ぜひ登録お願いします。そして、ブログパーツをブログに貼っていただければと思います。
また、ブログパーツで使うバナーも募集します。104×24pixel程度でぜひぜひ。

参考:
「BlogPeople PEOPLE」をリリースしました。(Modern Syntax)
「PEOPLE」に関する詳しい記事と正しい理解(Modern Syntax)
アイビィ、ファンコミュと任意のテーマで記事を収集「BlogPeople PEOPLE」 (Venture Now)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス国立ロアール管弦楽団新潟市民招待特別演奏会(2008.5.7)

フランス国立ロアール管弦楽団の配置
フランス国立ロアール管弦楽団の配置 posted by (C)Daa

5月11日~13日まで新潟市で開催されるG8労働大臣会合を記念して、新潟市の交流協定都市であるフランスのナント市から来日しているフランス国立ロアール管弦楽団の演奏会に行ってきました。この演奏会は新潟市の主催で、新潟市民1500名を無料招待(ハガキ申込要)しました。

~フランス国立ロアール管弦楽団新潟市民招待特別演奏会~
日時:2008年5月7日18:30~
会場:新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)コンサートホール

曲目:
・クープランの墓(Ravel)
・ハバネラ(Saint-Saens)
・序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 Op.28(Saint-Saens)
・交響曲第7番 ロ短調 D.759「未完成」(Schubert)
・序曲「レオノーレ」第3番 Op.72b(Beethoven)

指揮:ペーテル・チャバ
ヴァイオリン:戸田 弥生

アンコール:劇音楽「ロザムンデ」序曲よりAllegro(Schubert)

続きを読む "フランス国立ロアール管弦楽団新潟市民招待特別演奏会(2008.5.7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラリネットスタンド入れに。。

こんなのを最近使ってます。

結構いいサイズですよね

新潟県南魚沼市塩沢の青木酒造が作ってる「鶴齢」という日本酒の瓶を入れる「甚吉袋」です。大サイズ。 一升瓶が1本入るタイプですね。
先日お土産にもらったんですよ。その際に「ぜひスタンド入れに」と言われたこともあって使ってます。まだ誰も気付いてません(笑) まあちょっと大きいので中で微妙にカチャカチャ言ってますが、でも結構持ちやすくていい感じ。意外な入れものです。

こういうどーでもいいところで結構凝った事をしてる私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後交通バスの切符自販機

2日は諸事情で新幹線で長岡に行きました。久々に長岡駅行ったら改札とか首都圏のターミナル駅っぽくなってましたね。なんか前の田舎くさい長岡駅好きだったけどなぁ。

さて本題。長岡駅からはバスでリリックホールへ。リバーサイド千秋が出来てから日赤病院までのバスが格段に増えましたね。で、長岡駅大手口バスのりばにてバスの切符を購入。回数券ではないです。デザインは回数券と同じですが。ちゃんと1枚ずつ購入出来ます。さすがに全停留所の料金表はありませんが、主なバス停までの料金は書いてあります。

バス切符の自動販売機

バスの切符です

バスの場合、首都圏や関西みたいに電子マネーが使えるといいけど、そうでないと小銭用意したり大変ですが、こうやって切符買えるのはうれしい限り。長岡駅大手口と東口の各バス案内所脇で販売してます。

ちなみに高速バスは使えませんのであしからず。

越後交通長岡駅大手口案内所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »