« 会社のクリスマスツリー | トップページ | テンプレート変えました »

東京交響楽団第45回新潟定期演奏会(2007.12.2)

新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で開催された東京交響楽団の第45回新潟定期演奏会に行って来ました。

~東京交響楽団第45回新潟定期演奏会~
日時:2007年12月2日17:00~
会場:新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)コンサートホール

曲目:
・交響曲第104番二長調 「ロンドン」Hob.I-104(Haydn)
・パガニーニの主題による狂詩曲 イ短調 Op.43 (Rakhmaninov)
・バレエ音楽「春の祭典」(Stravinsky)

指揮:シュテファン・アントン・レック
ピアノ:小菅優
コンサートマスター:大谷康子

アンコール:練習曲集より Op.24-12(Chopin)

今回はメインに春の祭典を据えてのコンサート、会場に入ってステージを見た時にまず思ったのは「椅子が多いなぁ」ということ。前回は未完成とモツレクだったこともあり編成小さめでしたからね。打楽器がたくさん置いてあった(この時点ではほとんどまだ使わないので「置いてあった」のがいい表現です)のも気になりましたね。

1曲目はハイドン最後の交響曲である104番。この曲は長岡交響楽団のドイツ公演の際にも演奏した曲で私としては思いいれがありますね。とは言っても当時吹いたのは2ndでしたが。。
ピリオド奏法での演奏はやはり面白いですね。オケがしっかりとまとまっていたのでとても気持ちよく聞けました。曲自身も聴きながら「ああ、ここはこんな旋律だったよなぁ」と思い出しつつ楽しめました。

一度弦が下がりピアノがセッティングされての2曲目ラフマニノフ。意外とピアノ協奏曲でないこういう曲を演奏する機会って少ないのではないでしょうか?どうなんでしょ。ちゃんと全部聴いたのは初かもしれません。
最初はオケの迫力にびっくりでしたが、後半になるにつれピアノもソロっぽさが増してきてオケとうまく絡んでとてもいい演奏でしたね。小菅優さんは名前は知っていましたが、今回初めて聴くことが出来ました。いやぁ、すごい貫禄がありましたね。まだ若いのにとてもしっかりした演奏だったと思います。変奏曲ということで各変奏をカラーを変えて演奏するのはなかなか大変なんですけど、そんなことを感じさせない演奏で引き込まれてしまい、後半のピアノからはじまるテレビCMでも使われた優美なメロディーのところでは思わず目頭が熱くなりました。

長い休憩を挟んで後半は春の祭典。これも思えば初めて全曲通して聴くかも。私は実はこの時代の曲はあまり得意ではなくて。。管楽器がものすごくたくさん乗っていて、正直弦とあまり数変わらなかった?ピッコロやコールアングレ、バスクラやコントラファゴット、さらにチューバという普段はいる場合1本しか乗らない楽器が持ち替えなども含めて2本いたり、アルトフルートやピッコロトランペット、さらにバストランペット(これは初めて楽器見たかも)、ワーグナーチューバなどの特殊楽器も登場してなかなか賑やかなステージでした。
演奏ですが、とても迫力があってあっという間に時間が過ぎていきましたね。まあところどころミスもあった気がしましたが、それは忘れてしまうほどの名演でした。新潟では初演奏だったのではないかな?どうなんでしょ。

そうそう、ラフマニノフも春の祭典もそうでしたが、どうも東京交響楽団新潟定期の際は演奏が終わると同時に拍手をしたがる人がいるようですね。本当に名演で心からの拍手をしているのでしたらいいんですが、どうも「終わったら同時に拍手をしなきゃいけない」「ブラボーって言わなきゃいけない」人がいるようです。実際春の祭典の終了時に拍手を数名したものの、他の方々が少し余韻を味わおうとしてついていかなかったので、拍手の音が小さくなりましたからね。。その後指揮者が腕を下ろした時点で万雷の拍手になりましたが。演奏の後のちょっとした余韻を味わうのも生演奏の醍醐味なんですけどね。。演奏が終わった時点でそれだったので少しよかった演奏に酔っていた気持ちが醒めてしまいました。。残念。

会場は今回は9割弱程度のお客様でしょうか。結構入ってましたね。さすがに満席にはなりませんでしたが。でも、春の祭典がはじまって割とすぐに退席された方が何名か1階席で見えましたね。聴くのには辛かったのでしょうか。。

クラリネットは今回は団員勢ぞろい+郡尚恵さんのメンツでしたね。(2nd吹かれてたの多分小林さんですよね。ちょっと遠くて分からなかったのですが髪が短かったのであれ?と思ってました)春の祭典のバスクラはすごかった。バスクラ専属の十亀さんと持ち替えバスクラの郡さんのかけ合いや、近藤さんのエスクラのソロなどブラボーでした。

帰りの車の中でも興奮しつつ相方と話をしながら帰ったら途中で寄る予定だったスーパーに行くのを忘れてしまい、帰宅後ちょっとして思い出して再度いく羽目に。。気持ちが高ぶってて忘れてしまいましたよ。ダメダメですな。。

他の方の記事:
東京交響楽団 第45回新潟定期演奏会(ordinary life)
第45回東京交響楽団新潟定期演奏会。(コンチェルト2号感動の毎日)
東京交響楽団 第45回新潟定期演奏会(つれづれ日記)

|

« 会社のクリスマスツリー | トップページ | テンプレート変えました »

オーケストラ」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

拍手の件、私も以前から気になってました。オケ入りのときから拍手をするのもなんとなく落ち着かないんですが・・・。東京なんかのコンサートを見ているとオケ入りの拍手はあまりというか、全然ないです。気持ちの問題ですから、どちらがいい・悪いというものでもないですけど。

でも演奏終了後は指揮者が指揮棒を下ろして終わりの合図をするまでは、拍手は待つべきだと思います。そこを見極めるのは結構難しいですけどね(^-^;

投稿: fumi | 2007.12.04 23:59

fumiさん:
なんかいつも同じ人が「ブラボー」言ってる気がするんですよね。拍手は同じ人かどうかは分かりませんが。。

確かにオケの入りで拍手が出るのもどうかなぁという感じもしますね。私は拍手しませんけどね。

静かな曲などもっと雰囲気を純粋に味わって欲しいなぁとも思ったりしますが難しいところですよね。

投稿: Daa | 2007.12.05 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/17258636

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団第45回新潟定期演奏会(2007.12.2):

» 東京交響楽団 第45回新潟定期演奏会 [ordinary life]
2007.12.02東京交響楽団 第45回新潟定期演奏会りゅーとぴあ(新潟市民芸 [続きを読む]

受信: 2007.12.04 23:52

« 会社のクリスマスツリー | トップページ | テンプレート変えました »