« 新潟県立図書館の愛称が「ぶっくスワン」に | トップページ | 新潟伊勢丹「イタリア展」セミナー参加 »

東京交響楽団第44回新潟定期演奏会(2007.10.8)

開演前のステージの様子です

新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で開催された東京交響楽団の第44回新潟定期演奏会に行って来ました。

~東京交響楽団第44回新潟定期演奏会~
日時:2007年10月8日17:00~
会場:新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)コンサートホール

曲目:
・交響曲第7番ロ短調 D.759 「未完成」(Schubert)
・レクイエム KV.626 (Mozart)

指揮:秋山和慶
ソプラノ:野田ヒロ子
メゾ・ソプラノ:小川明子
テナー:錦織健
バリトン:三原剛
合唱:にいがた東響コーラス
合唱指揮:山神健志
コンサートマスター:大谷康子

アンコール:アヴェ・ヴェルム・コルプス KV.618

今回の演奏会は、5月のcobaが客演した時以来の「全席完売」での演奏会でしたが、その割には空席があったなぁ。。私の座った席の右脇も隣りはいましたけどそのさらに隣りから数席空席でした。チケット持ったまま来られなかったのかなぁ。。

曲目はシューベルトとモーツァルトの「未完成曲」を取り上げるということでした。
前半のシューベルトの未完成はもう10年以上吹いてませんがかつては毎年のように演奏していた曲で頭の中に楽譜も完全に入ってますのですが、意外とプロの演奏は聞かないもので、どんな風に演奏するのかなぁと楽しみに聞きました。
。。素晴らしい演奏でした(T_T)フォルテの音の使い方がうまいですね。さすがです。とても勉強になりました。クラリネットの十亀さんのソロもとてもよく聞きほれてしまいました。うーん、見習わないと。

長い休憩のあといよいよメインの「モツレク」です。木管がバセットホルンとファゴットしかないということで木管前列の椅子をどかして弦楽器が少し後ろに下がり、指揮者のすぐ前にソリスト4名が並びました。ソリストはやはりレクイエム(死者のためのミサ曲)ということもあり、女性ソリストも派手な衣装は無しで黒いドレスでの登場でした。
演奏はとてもよかったですね。合唱もソリストもオケととても音がマッチしていて、曲の雰囲気がものすごくよく出ていましたね。個人的にはソプラノの野田ヒロ子さんがとてもよかったですね。透き通る声がとても印象的でした。
あと、オケもよかった!特に十亀さん、小林さんの東響クラリネット族の演奏するバセットホルンがとても魅力的な音を出しておりまして個人的には大満足!バセットホルンの魅力全開でした。お客さんは分かったかなぁ、バセットの音。

アンコールにはアヴェ・ヴェルム・コルプスを演奏、静かに演奏会を終了しました。

次回の東京交響楽団新潟定期は12月になります。メインに「春の祭典」が来ます。今回と全然違う曲になりますが、また違った東響が見れますね。楽しみです。

他の方の記事:
東京交響楽団 第44回新潟定期演奏会(ordinary life)
東京交響楽団第44回新潟定期演奏会 (コンチェルト2号感動の毎日)

|

« 新潟県立図書館の愛称が「ぶっくスワン」に | トップページ | 新潟伊勢丹「イタリア展」セミナー参加 »

オーケストラ」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/16702690

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団第44回新潟定期演奏会(2007.10.8):

« 新潟県立図書館の愛称が「ぶっくスワン」に | トップページ | 新潟伊勢丹「イタリア展」セミナー参加 »