« JAO酒田大会1日目 | トップページ | JAO酒田大会3日目 »

JAO酒田大会2日目

木管トップ席から客席を見ました

1日目のレポートの続きです。読まれて無い方はそちらもどうぞ。

---
朝起きたら微妙に二日酔いの気が。前の日ビールをジョッキ1杯半しか飲まなかったのになぁ。二日酔いでひどい目にあった国民文化祭の悪夢が頭を少しよぎるが、朝食もちゃんと食べることが出来て問題はなさそう。少し安心。朝風呂に入り身支度をしてタクシーで希望ホールへ向かいました。

私の参加してるAオケはバルトーク作曲の管弦楽のための協奏曲をやりました。指揮の井崎正浩先生はハンガリーで活躍されていて曲の解説などとても分かりやすくて理解がしやすい、棒の振り方も変拍子が多いこともあって拍の取り方をしっかり教えてくださり段々慣れてきました。でも数えるのは一瞬も休めません。数えるのを忘れるとどこやってるか完全に分からなくなります。。おかげで落ちるの多数でした(T_T)
練習は最初1時間少しが小ホールでその後移動して大ホールでの練習になりました。大ホールは天井が高いこともあり音がとてもよく響きました。最初はちょっと面食らいましたが段々慣れてきたかな。
演奏の方は昨日ぐちゃぐちゃだったところがどんどん揃ってきます。すごいよなぁ、みなさん。自分のソロも少しずつ吹けるようになってきました。1日目はただ吹くだけって感じでしたからね。

朝リードがかなりへたってるのが分かり午前中だけで3枚交換。でも新しいけど少し薄めの音のするリードを使った時に指揮者から「音はそれでいいよ」と言われ、このリードで本番を乗り切ることに決定。どうかなぁ。

お昼はお弁当。急いで食べて12時半に中合清水屋へ。この日は酒田市内の数箇所で同時進行でアンサンブル演奏があり、昼の時間帯はオケ参加者が出るので聞きにいきました。
清水屋は木管アンサンブルが中心。私が着いてからは木管五重奏(ミヨーのルネ王の暖炉)、木管八重奏(モーツァルトのハ短調セレナーデ)、ファゴットアンサンブル(たらこなど)を鑑賞。どれも前の日の夕方しか合わせてないのにしっかりと曲になってる。すごいなぁ。相方が出演した木管八重奏は身内がいることもありかなりドキドキでしたね。でも素晴らしい演奏で終了後の拍手も多かったですね。前半は写真撮影も行いました。今回10倍ズームの出来るデジカメを買いましたがこういう時に大活躍でしたね。

ファゴットアンサンブルが終ったあと希望ホールに戻り午後の練習へ。さすがにみなさんも慣れてきたこともあり指揮者から具体的な指示も飛ぶようになりました。クラリネットにはソロの歌い方についてなどが中心でしたね。表現については普段小さいオケで吹いてることもあり少し軽めにやってる部分もありますが、120名あまりいるオケではかなりオーバーにやらないと駄目だなぁと改めて認識。でもそんな感じで吹いてたらリードが夕方死にました(T_T)困ったなぁ、今さら変えるのも危険だし。結局また死んだリードで本番を迎えることにしました。出来るだけ「生きた音」が出るようにしないと。

練習終了後はバスでレセプション会場へ移動。国民文化祭の時と同じ会場でしたね。でも300人入るにはかなり狭い。。そんなこともあり楽器は会場と別な部屋に置き、会の最中は施錠するとのこと。おいおい、それじゃあゲリラ演奏出来ないじゃん(T_T)でもやはりやらなきゃねということで宮さまが帰られたら鍵を開けてもらうよう段取りをする。
レセプションは飯の争奪戦がすごかったですね。まあどう見ても料理足りないからなぁ。連盟総裁の高円宮妃殿下も来られてましたが乾杯のあとすぐに壇上の自席を立たれて立食フロアに出られてましたね。

宮さまは乾杯後30分ほどで退場。さあここからは我々の出番です(^_^)クラリネットパートに招集をかけ、楽器保管部屋へ。全員が楽器組み立てが完了した後演奏予定曲の各最初だけを合わせる。今回は事前に集まって練習しなかったからさすがにぶっつけは辛くて。。
会場に戻るとまだファゴットやホルンははじめてない模様。狭いこともあり一番端にて演奏準備。少しずつ周りのみなさんも気付き始めましたよ。そして演奏開始。今回はJAO史上初?のEsクラ八重奏(全員Esクラでした)と、バセットホルン3本やバスクラ2本も交えての「ベルリンの風」の演奏。指揮は。。また私やってしまいました。すみません、演奏しなくて。Esクラ八重奏は高音でのハモりがいいですねぇ。未知の世界でかなり楽しかったです。今回は本割りでEsクラは1本だけということで残りの楽器はみなさんこのレセプションのためにわざわざ持ってきてくれたんですよ(^_^;)恐るべきクラパート(笑)
ベルリンの風は口笛部隊としてファゴットパートから4名参加、リードで音を鳴らして参加してくださいました。感謝感謝。ダカーポしてから口笛の場所に入る前に事前予告なしでritしましたらかなり盛り上がりましたねぇ。やってよかった。
演奏終了後にはドイツからの特別参加の方が駆け寄ってくださり感謝の言葉をかけてくださいました。いやぁ、やってよかったですねぇ(T_T)

その後ステージ上でホルンが吹いてる途中に司会の方がお開きのアナウンスを。おいおい早いよ。。ファゴットパートも吹きはじめてささやかな抵抗を(^_^;)でもやはり時間は時間なのでしょうがないですな。最後はファゴットパートが吹く蛍の光を聞きつつ会場から出ました。

2次会は今回は全部共通の場所。でも、小部屋に分かれていてクラリネットで一部屋確保。今回スペシャルゲスト?のアルバート式メタルlowG管を床の間に飾って盛り上がりましたよー。

3日目に続きます。

|

« JAO酒田大会1日目 | トップページ | JAO酒田大会3日目 »

Clarinet」カテゴリの記事

JAO」カテゴリの記事

オーケストラ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/16214957

この記事へのトラックバック一覧です: JAO酒田大会2日目:

« JAO酒田大会1日目 | トップページ | JAO酒田大会3日目 »