« 白山公園の蓮 | トップページ | 地震だ! »

東京交響楽団第42回新潟定期演奏会(2007.7.15)

新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で開催された東京交響楽団の第42回新潟定期演奏会に行って来ました。

~東京交響楽団第42回新潟定期演奏会~
日時:2007年7月15日17:00~
会場:新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)コンサートホール

曲目:
・交響曲第1番ニ長調(Haydn)
・ピアノ協奏曲イ長調Op.54(Schumann)
・交響曲第4番変ロ長調Op.60(Beethoven)
<アンコール>バレエ音楽「ロザムンデ」より間奏曲(Schubert)

指揮:ユベール・スダーン
ピアノ:伊藤 恵
ゲストコンサートマスター:グレブ・ニキティン

今日は台風4号の影響もあり午前中は雨が激しく、お客の入りも悪いかなぁと思ったんですが、そんなことはなく結構お客様入りましたね。ピアノソロが伊藤恵さんということもありピアノ関係の方も多かったのかな?

今年は東京交響楽団では定期演奏会ではハイドンの交響曲を何かやるということで、今日は最初の交響曲(かな?)の第1番を演奏しました。チェンバロがステージ上の中央に置かれ、弦楽器もかなり少ない人数での演奏でしたが、スダーン氏の指揮もよくとっても生き生きとした演奏でしたね。チェンバロが特にGoodでした。

長い場面転換があって次はシューマン。ピアノの伊藤恵さんはその昔NHK-FMの「おしゃべりクラシック」に出演されていた頃によく声を聴いてましたね。でも、生で音を聴くのは初だったかも。
シューマンは久々に聴いたこともあって、はじまるまでどんな曲か忘れてました(^_^;)指揮棒が下ろされて音が鳴った瞬間に「あ、この曲かぁ」と思った次第。。ダメですなぁ。この曲はクラリネットも結構活躍しますよね。今回のクラリネットはトップがエマニュエル・ヌヴー氏、2ndが近藤千花子氏でしたが、ヌヴー氏のきれいな音でのソロはよかったですね(^_^)
ソロの伊藤恵さんのピアノは強力な個性でオケを引っ張るというよりはオケの音と溶け合って一緒に音楽を作っていくっていう感じでしたね。オケとの相性もとてもよかったのでは?カーテンコールでも拍手が鳴り止まずに何回も恥ずかしそうに出ていらしてました。

20分の長い休憩(その間場面転換してました)の後にメインの「ベト4」。思えばベト4は生で聴いたの初かも。。この曲はアマチュアでやるにはかなり大変な曲なのでもっぱら聴くならプロの演奏なのかなぁ。
スダーン氏の曲の作り方はなかなか面白かったですね。ダイナミックスの変化のつけ方などを工夫して単調になりやすいこの曲をドラマチックに仕上げてた気がします。でも、それに応えられるオケもすごいですよねぇ。楽しんで聴いてました。

今回は総演奏時間が少なめなこともあってアンコールがありました。曲は先日の新潟交響楽団定演でも演奏してました「ロザムンデ」の間奏曲。まあこの曲は私もその昔演奏したことありますけど静かに終わるにはいいアンコール曲なのかなぁ。。
で、今回のアンコールですが、最初のMaggioreで1stヴァイオリンパートが繰り返しの1回目のみでしたがコンマスのニキティン氏のソロでした。あれ?と思って頭の中に楽譜思い浮かべてしまいましたよ。。でも、1回目ソロで繰り返したらトゥッティってのもなかなか面白いですね。Minoreは最初の方だけで2つ目のはやらず、Maggiore-Minore1-Maggioreで終わりました。

そうそう、どーでもいいことですが、今回は東京交響楽団の外国人団員が全員出てましたね(ゲストコンマスのニキティン氏含む)。管楽器でクラリネットのヌヴー氏、ホルンのハミル氏、トランペットのマルティ氏と3人座ってる姿は意外と見れそうで見れないですよね。今回はクラリネットの後ろにホルンが座り、その隣りにトランペットという配置だったので余計に感じたのかもしれません。

新潟での次回の東京交響楽団新潟定期は9月16日、マーラーの「子供のための不思議な角笛」よりとブルックナーの交響曲第7番です。今回の曲から一転して大きな編成の曲になりますね。また次回も楽しみです。

|

« 白山公園の蓮 | トップページ | 地震だ! »

オーケストラ」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私は都合により聴きに行けなかったんですが、チェンバロがあったのですねー。あの音、大好きなので、聴きたかったです・・・。ピアノコンチェルトだったのもいいなぁ。自分が鍵盤楽器奏者だったので、こういう演目は楽しみな一つ。聴けなくて残念でした。

今回は事前に行けないことは分かっていたので「サンクスオーディエンス制度」でりゅーとぴあに売りに行った(というのだろうか)のですが、あの席、誰か座ってくれたのかなぁ・・・。

投稿: fumi | 2007.07.17 23:10

fumiさん:
開演前にチェンバロとピアノをそれぞれの調律師の方が同タイミングで調律してましたね。大変だなぁと思ってみてました。

fumiさんの席は分からないんですが、8割方は客席埋まってたので多分座られてたんじゃないかなぁ。。

投稿: Daa | 2007.07.21 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/15769831

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団第42回新潟定期演奏会(2007.7.15):

« 白山公園の蓮 | トップページ | 地震だ! »