« 東京交響楽団ロビーコンサート(2006.2.26) | トップページ | 転職することになりました »

東京交響楽団第35回新潟定期演奏会(2006.2.26)

新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)で開催された東京交響楽団の第35回新潟定期演奏会に行って来ました。

〜東京交響楽団第35回新潟定期演奏会〜
日時:2006年2月26日17:00〜
会場:新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)コンサートホール

曲目:
・交響曲第29番イ長調KV.201(Mozart)
・ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調KV.209「トルコ風」(Mozart)
・交響曲第39番変ホ長調KV.543(Mozart)
【アンコール】歌劇「皇帝ティトの慈悲」序曲KV.621(Mozart)
指揮:ユベール・スダーン
ヴァイオリン:イリア・グリンゴルツ
コンサートマスター:グレブ・ニキティン

今回のプログラムはオールモーツァルトプログラム。ザルツブルグ時代の交響曲第29番と「トルコ風」、そしてウィーンに移ってからの作品である交響曲第39番という組み合わせでの演奏でした。東京交響楽団音楽監督のユベール・スダーン氏はザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団の首席客演指揮者も務めておりましてモーツァルトは得意ということでどんな演奏かなぁと思って楽しみにしてました。

で、聞いてみての感想としては心が非常に洗われた演奏でした(^_^)

前半の2曲は本当にさらっときれいな演奏。優美さが伝わる演奏でしたね。気持ちよくなって少々うとうとと。。すみません(T_T)ソロのグリンゴルツ氏もとってもよかったですね。非常にきれいな音で感動でした。

そして、後半の交響曲第39番は前半とは違っていろいろと「動き」がありました。ティンパニの使い方に結構特徴がありましたね。また、音の強弱などもスコアにあるのとは少し解釈を変えてやってるところも何箇所か。。でも、それがいい感じにはまってましたね。クラリネットも大活躍でした(^_^)アンコールの皇帝ティトの慈悲もよかったですね。アンコールの前にスダーン氏がいろいろと話をしたのですが、あまりよく聞き取れず(T_T)でも、「last year」とかいうフレーズが聞こえたので晩年の作品を一つ持ってきたということかな。

今回で2005年度の東京交響楽団新潟定期は終わりです。2006年度の新潟定期はショスタコプログラムやバーンスタインの交響曲、モーツァルトやシベ2など盛りだくさんのプログラムです。定期会員の募集は3月4日からです。気になる方はぜひ(^_^)

東京交響楽団2006年度新潟定期演奏会(りゅ〜とぴあ)

他の方の記事:
東京交響楽団第35回新潟定期(コンチェルト2号感動の毎日)
東京交響楽団第35回新潟定期演奏会(ordinary life)

|

« 東京交響楽団ロビーコンサート(2006.2.26) | トップページ | 転職することになりました »

オーケストラ」カテゴリの記事

新潟」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/8852314

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団第35回新潟定期演奏会(2006.2.26):

« 東京交響楽団ロビーコンサート(2006.2.26) | トップページ | 転職することになりました »