« 夏に負けずに咲く朝顔 | トップページ | クラリネットの消音器 »

クラリパッチ買いました

claripatch

先日の2005国際クラリネットフェストTAMA東京で噂の「クラリパッチ」を購入してしまいました。

claripatch

マウスピースとリードの間にこれを挟むことにより、リードの厚みの感じ方を変化させ、マウスピースや吹き方を変えずにいろんな種類のリードを吹くことが出来るというものです。

このクラリパッチは8種類のアルミメッキのプラスチックで出来ております。

  • N(Nobility) … 硬さ:やや増加
  • R(Renew) … 硬さ:増加
  • B(Bright) … 硬さ:やや増加
  • S(Support) … 硬さ:増加
  • W(Wet) … 硬さ:やや増加
  • D(Dark) … 硬さ:やや減少
  • F(Force) … 硬さ:減少
  • L(Length) … 硬さ:減少

硬さがやや増加するパッチをつけるとへたったリードを再生させることが出来、硬さが減少するパッチをつけると硬くて吹きづらいリードを吹きやすくします。

実際の取り付け方です。先日へたったリードを使用する為に取り付けました。

(1)パッチ止めリングをマウスピースにつけます。
色は黒いので、普通のマウスピースであれば違和感なく取り付けが出来ます。リードが正規の位置に取り付けられるように高さも調節します。

パッチ止めリングをマウスピースにつけました

(2)パッチをパッチ止めリングのところにはまるように取り付けます。

きれいにパッチがはまってます

(3)リードをつけ、リガチャーをはめます。
見た目はクラリパッチをつけているのがほとんど分からない状態になります。

へたったリードを取り付けた状態です

実際に使用した感じです。今回は"N"タイプを使用してみました。少しだけ硬さが増して高貴さを取り戻すとのことですが、本当に吹いた感じは変わりますね。なかなかいい感じです。まあ新品同様にまではリードの状態は戻った感じになりませんが、組み合わせをうまくやれば普段捨ててしまう状態になったリードも再生できるかなと思います。この日は満足いく状態で吹けました。

ちなみに、8種類各2枚ずつ入ってさらに消音器「クラリミュート」の付属した「Pro」タイプと、"N","S","F","L"の4種類1枚ずつのみの「Junior」タイプがあります。

リードがすぐにへたって困る方、ぜひ購入をご検討されてはいかがでしょうか。ちなみにProタイプで\18,000程度です。ちと高いかな。でも買って損はないかと思います。

|

« 夏に負けずに咲く朝顔 | トップページ | クラリネットの消音器 »

Clarinet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/5351625

この記事へのトラックバック一覧です: クラリパッチ買いました:

« 夏に負けずに咲く朝顔 | トップページ | クラリネットの消音器 »