« ポケットベルがサービス終了へ | トップページ | 笹出線の脇に咲く菜の花 »

NECのクライアント統合ソリューション

NECは、企業内各個人のパソコン(PC)の資産(内部データやアプリケーション)をサーバに統合・集約し、ネットワーク経由で各人が情報端末機器(クライアント端末)を用いてそれら資産を効率的かつセキュアに利用する「クライアント統合ソリューション」を体系化し、本日から販売活動を開始いたしました。
(プレスリリース:2005年4月25日−NEC)

ということで、NECで個人PCの資産をサーバーに統合集約するソリューションが発表になりました。
これ、気になってまして今日資料請求をしました。

出荷しているPCがHDD故障を起こす例が最近非常に多いです。うちの会社のお客様の環境が悪いこともあると思うんですが。。クライアントPC側でもいろいろと対応してきましたが、ホットスワップでHDDを交換出来たりサーバー側でまとめて面倒見れればかなり楽になるかなぁと思ってます。

詳細ページはこちら。
クライアント統合ソリューション(NEC)

プレスリリースの資料しかまだ持ち合わせてないのですが、実際使えるソリューションなのかなぁ。詳細を聞いてから考えてみよっと。

|

« ポケットベルがサービス終了へ | トップページ | 笹出線の脇に咲く菜の花 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/793/3868878

この記事へのトラックバック一覧です: NECのクライアント統合ソリューション:

« ポケットベルがサービス終了へ | トップページ | 笹出線の脇に咲く菜の花 »